多摩センターをたのしもう!~サンリオミュージカルのススメ編~

こんにちは!市民スタッフFです。
突然ですがみなさま、“多摩センター”と聞いて、パッと思い浮かぶものってなんでしょうか。
(耳をすます)

そう、そうです、サンリオピューロランドです!

f:id:tamatamatama2017:20170616214501j:plain

 

気がつけば京王多摩センター駅構内もサンリオ一色でございます。(2016年にリニューアル)

f:id:tamatamatama2017:20170616214636j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170616214707j:plainこのステンドグラス風の天井、圧巻です!

 

多摩市のキャッチコピーだって、“ハローキティにあえる街”。

f:id:tamatamatama2017:20170617135559j:plain

 

もはや、多摩センターとピューロランドは切っても切れない関係です!

 

ピューロランドは子供連れのファミリーやサンリオが好きな女の子たちが楽しむアミューズメントパーク、というイメージがあるかと思いますが、“演劇やミュージカルが好き”な方たちにもぜひおすすめしたいスポットです!

基本的にはキャラクターの“ショー”をたのしむテーマパークですが、そのショーが、実は演劇的観点から視るとすごくおもしろいことになっているのです。

 

 ■サンリオ×宝塚、夢のコラボレーション!

まずお薦めしたいショーは、「不思議の国のハローキティ」というミュージカル。

www.puroland.jp

 


作・演出を担当されているのが、なんと宝塚や東宝ミュージカルの演出なども手掛ける大御所、小池修一郎先生です!
美術は二村周作さん、衣装は有村淳さん、と舞台好きの方なら一度は目にしたことのある第一線で活躍されているスタッフ陣に加え、声の出演も元宝塚トップスターの安蘭けいさん、ミュージカルで大活躍中の平方元基さん、またちょっと異色なキャスティングですがミッツ・マングローブさん(ミッツさんの歌声、素晴らしいです!)など豪華なキャストがズラリ。
かなり、ガチな作りになっています

ミュージカル自体も心温まるストーリーで素敵なのですが、ぜひ観ていただきたいのがその後に続く宝塚レビューです!
ラインダンスあり、キティちゃんとミミィちゃん(キティちゃんの双子の妹。ミミィちゃんのドレス捌き、ぜひ観てほしい!)のデュエットダンスあり、男性ダンサーを率いたダニエルくんによる男役ダンスあり、そして大きな羽根を背負ったキティちゃんが大階段ならぬ小階段から降りてくるときの神々しさは本家宝塚トップスターにも負けない輝きが……!
キティちゃんがスポットライトを浴びて登場すると、自然と拍手している自分がいました(笑)

宝塚の様式美とサンリオのコラボレーションが奏でるハッピーオーラに包まれて、観終わった頃には「シャンシャン持って踊りたいッ…!」となっていること間違いなし!!
ぜひ生でこの宝塚とキティちゃんという最強のコラボレーションを体験していただきたいです。

本物の宝塚歌劇団を観る前に、ピューロランドで“プレ宝塚体験”、いかがでしょうか!?

www.youtube.com

公式動画で拍手や手拍子をするタイミングなども教えてくれます。
これで観劇予習はバッチリ!

 

 ■サンリオ×ネルケプランニング若手俳優ミュージカル

そしてもうひとつお薦めしたいのは、ネルケプランニングとのコラボレーション、「ちっちゃな英雄(ヒーロー)」です。

www.puroland.jp

ネルケプランニンングはテニミュ(ミュージカル『テニスの王子様』)をはじめとする漫画やアニメ、ゲームなどを舞台化した作品=“2.5次元ミュージカル”の制作でおなじみの会社です。

「ちっちゃな英雄」はイケメン若手俳優たちがねずみ男子に扮し、「友情」をテーマにしたミュージカル作品になっています。ストーリーテラーはキティちゃんに負けず劣らずの人気を誇る、マイメロディ
伸び盛りの若手俳優たちが芝居、歌、ダンスで魅せ、客席降りでハイタッチまでしてくれるサービスぶりも人気の理由のひとつです。

実は「たまたま」ワークショップの参加者さんの中にも、このミュージカルにハマって何日も通いつめて観に行ったことがある、という方がいらっしゃいました…!
しかもそのエピソードを、5分程度の演劇を作って発表する、という回で再現してくれて、男性陣が俳優役を、女性陣がお客さん役を演じてとても楽しいシーンになっていました。

f:id:tamatamatama2017:20170616220117j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170616220446j:plainテンションMAX!!
ハイタッチの喜びが写真からでもじゅうぶんに伝わってきますね!(笑)

 

■サンリオと大人計画!?

もう上映期間は終わってしまったのですが、大人計画細川徹さん作・演出の「ディジュエルペットの魔法のミュージカル“誕生!リトルレディジュエル”」という、小学生の女の子たちに人気のアニメをミュージカルにしたショーもユニークでとっても面白かったです。

映像やスマホ(劇場で配られる機械)を駆使したミュージカル作品で、うさぎのキャラクター“ルビー”が多摩センターの街に飛び出して行ったり、京王線に乗って(しかもしっかり女性専用車両に乗っている!)どこかへ行ってしまったり、
「ルビー、自由すぎるぞ…!」と突っ込みたくなるシーンが満載。
また歌の歌詞にも
♪どうして来てしまったの~多摩センターに~~
とか、
♪多摩センターは~~たしかに遠い~~
というフレーズが出てきたりと、かなり“多摩センター密着型”のミュージカルになっていました(笑)

また、ファンタジーのなかにも細川徹イズムが満載、大人も思わず笑ってしまう“緩さ”が全編に散りばめられていて、とてもチャーミングな作品に仕上がっていました。

細川さんがサンリオミュージカルを手がける経緯を語ったこちらのインタビュー、おもしろいのでぜひ読んでみてください。

https://www.cinra.net/interview/201407-hosokawatoru

 

 ■締めはピューロランド最大のショー、“パレード”!

そしてピューロランドに来たら、最後にぜひ観て帰ってほしいのがパレードです。
雑技団による超絶技巧に驚き、ダンサーさんのキュートさにときめき、サンリオのキャラクターたちに癒され、まさに夢の世界が繰り広げられます。
今上演されているパレードは、楽曲にヒャダインさん、振り付けにperfume恋ダンスでおなじみのMIKIKO先生、歌はミュージカルで絶大な歌唱力を誇る濱田めぐみさんが参加されていて、こちらもとても豪華な製作陣となっています。

 

ピューロランドは多摩に住んでいる方でも行ったことがない、という方は多いのではないでしょうか。
かくいうわたしも、初めてピューロランドに行ったのは、地元の友達に誘われて大学生のときにピューロランドでアルバイトを始めたときでした。
大人になり、お客さんとして初めてショーを観たとき、純粋にファンタジーの世界に入っていくことの愉しさに気付かされ、とても新鮮な気持ちで観ることができました。

また、子供の頃にサンリオが大好きで、よくサンリオショップで買い物をしていた元サンリオガールたちには、きっと懐かしい友達に再び会えたような歓びを感じることがきると思います。

舞台やミュージカルを観に行くとなると、都心の劇場まで足を運ぶ必要がありますが、多摩でも“ピューロランド”という演劇をたのしめるスポットがあるんだ!ということを知っていただけたらうれしいです。
お近くにお住いの方も、そうでない方も、ぜひ多摩センターで“ミュージカル体験”をしてみてはいかがでしょうか。

以上、元多摩在住、元ピューロフレンズ、今はミュージカルが大好きな市民スタッフFによる“勝手におすすめサンリオミュージカル”コラム、でした!

 

 

《公演情報》 多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」

8月4日(金) 19時30分開演
8月5日(土) 14時開演★/19時●開演
8月6日(日) 14時開演 ★●◆※上演時間:2時間予定 パルテノン多摩 小ホール

★…瀬戸山美咲氏と出演者によるアフタートークあり

●…聴覚障害をお持ちのお客様向け字幕サポート(タブレット貸出・台数制限あり)を実施。ご希望の方はチケットご購入前にメールまたはFAXでお問合せください。

メール:engeki@parthenon.or.jp  FAX:042-376-9191

磁気ループの設置あり(要予約、席数制限あり)

◆…託児サービスあり。定員になり次第締切。お早めにご予約ください。

【ご予約・お問合せ】イベント託児・マザーズ 0120-788-222(平日10:00~12:00、13:00~17:00)

※車椅子でのご鑑賞をご希望の方はチケットパルテノンへお問合せください。

チケットパルテノン 042-376-8181

http://www.parthenon.or.jp/act/2996.html

「たまたま」チラシ完成しました~!

たまたまチラシできました~!! パルテノン多摩や都内劇場などで配布いたします!ぜひ手に取ってご覧くださいね!チラシイラストはmakomoさん。団地をイメージしたゆるカワイラストを描いてくれました。

チケット発売中です!良席はお早めに!

 

f:id:tamatamatama2017:20170622211837j:plain

 

f:id:tamatamatama2017:20170622211905j:plain

 

《公演情報》 多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」

8月4日(金) 19時30分開演
8月5日(土) 14時開演★/19時●開演
8月6日(日) 14時開演 ★●◆※上演時間:2時間予定 パルテノン多摩 小ホール

★…瀬戸山美咲氏と出演者によるアフタートークあり

●…聴覚障害をお持ちのお客様向け字幕サポート(タブレット貸出・台数制限あり)を実施。ご希望の方はチケットご購入前にメールまたはFAXでお問合せください。

メール:engeki@parthenon.or.jp  FAX:042-376-9191

磁気ループの設置あり(要予約、席数制限あり)

◆…託児サービスあり。定員になり次第締切。お早めにご予約ください。

【ご予約・お問合せ】イベント託児・マザーズ 0120-788-222(平日10:00~12:00、13:00~17:00)

※車椅子でのご鑑賞をご希望の方はチケットパルテノンへお問合せください。

チケットパルテノン 042-376-8181

http://www.parthenon.or.jp/act/2996.html

「たまたま」ワークショップ三回目!

はじめまして!多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」】市民スタッフの「しおり」です。

元々はワークショップの参加のみの予定でしたが、初回ワークショップに参加した際、皆さんがとても素敵な方々ばかりで5回しか会えないのがさみしくなり、市民スタッフでも参加することにしました。

微力ながら、『たまたま』の魅力をお伝えできたらと思います。

よろしくお願いします。

 

それでは、6月11日に行いましたワークショップの様子について紹介させていただきます。

 

■毎度おなじみゲームで準備運動

まずは共通点を持つ人達同士をいかに早く見つけ出し集合するゲームです。

最初は声をかけあって集合していたのですが、天使のような微笑みを投げかけながら、『たまたま』の作・演出の瀬戸山美咲さんがむちゃぶりを仕掛けてきました。

 

「声を出さず、ジェスチャーだけで同じ星座同士で集まってください。」

 

 戸惑いつつも、三回目のワークショップで徐々にみんなのことをわかってきた、ということもあり、言葉を発せずともスムーズに集合できたと思います。

 

 

f:id:tamatamatama2017:20170618214930j:plain

ジェスチャーだけでサクッと集合できたぜの図! 

 

次は最後に集合したチームごとで話し合って共通点を見つけ出し、発表していくというもの。

年代・性別もバラバラの仲間と共通点を見出す作業はなかなか苦戦しましたが、お互いのことを知っていくというのは楽しい経験でしたし、時間を越えて同じ経験をした人と集まる、というのは何だか不思議な気分でした。

ちなみに私の属したチームは「大阪の通天閣に行ってビリケンさんを触りました」のチーム!

 

f:id:tamatamatama2017:20170618212626j:plain

チーム・ビリケン(真ん中が私です)

 

 

他にも個性的なチームが沢山できました!

 

 

f:id:tamatamatama2017:20170618213142j:plain

チーム・四苦八苦(大人数だから。共通内容は失念しました。すみません。)

 

 

f:id:tamatamatama2017:20170618213522j:plain

チーム・酒(一緒に飲んだら楽しいに違いないお二人!)

 

 

f:id:tamatamatama2017:20170618213631j:plain

チーム・メガネ(でも一人は伊達メガネ!さて誰でしょう?)

 

「演劇」というものをまだよくわかっていない私ですが、相手と言葉と身振りでのコミュニケーションを積み重ねて作り上げていくのが「演劇」という遊びの楽しみ方なのかな、と思いながら、準備運動のゲームを楽しんでいます。

 

■お次は思い出の品を語るコーナー

 準備運動を終えましたら、前回のワークショップで演劇を創作したチームに分かれ、それぞれ持ち寄った思い出の品について語り、チーム内で代表者を選出して思い出を発表するというのを行いました。

 

この日の一番インパクトがあった思い出の品はこちら!

f:id:tamatamatama2017:20170618230024j:plain

 インパクトあるビジュアルの中に愛おしい思いが詰まっていました。

 

f:id:tamatamatama2017:20170618230209j:plain

笑顔で切ない思いを語る様子にグッときてしまった。

 

iPhoneを通じてのお父さんとの思い出や、

f:id:tamatamatama2017:20170619011507j:plain

 

爽やかな思い出かと思いきや、なんだかピリっとヒリヒリした思い出も。

f:id:tamatamatama2017:20170619011550j:plain

 

まだ3回しか会っていないメンバーなのですが、思い出の品に基づいて本音を語ること仲になっているのは、とても素敵だなあと思いながら皆さんの思い出話に聞き入っていました。

 

■いよいよ演劇作りと発表!

お次は前回それぞれ作ったお芝居作りの続きです。

メンバーが若干変更したということもあり、再度、町巡りを行うチームもありました。

 

f:id:tamatamatama2017:20170618205501j:plain

ん?

 

f:id:tamatamatama2017:20170618205636j:plain

乗った!!(遠出の為、大人のチカラを駆使したとのことです!)

 

自然が豊かなのも魅力的な街!街歩きもとても楽しいです!

 

f:id:tamatamatama2017:20170619010024j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170619010104j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170619010135j:plain

 

 

稽古場に残るチームも。

 

f:id:tamatamatama2017:20170618230846j:plain

前作を更に作りこんでの白熱の稽古!

 

私が所属するチームは話し合いから。

f:id:tamatamatama2017:20170618231828j:plain

多摩の歴史を再確認し、作品を再構築中(結果、今回も即興地獄が待っていました)。

 

そしていよいよ、発表の時間!

途中でも何でもいいから、とにかく発表!

前回に続き、時間切れにより即興劇を余儀なくされた為、流れていく時間の無常さを感じながら、発表に向けて心を落ち着かせておりました。

 

まずは、愛宕地区チームから。

チーム全員で愛宕地区を身体で表現しながら、それぞれの思い出をお芝居に盛り込むなんだかしんみりする作品でした。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619001353j:plain

竹藪も前回よりダイナミックに!

 

f:id:tamatamatama2017:20170619001853j:plain

iPhoneのプレゼントを通じて、親子の絆が深まった模様を再現。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619002007j:plain

思い出の衣装を羽織っての迫真の演技!(かっこいい!!)

 

f:id:tamatamatama2017:20170619002117j:plain

 やりきったぜ!(お疲れ様です!)

 

お次は大人のチカラを存分に発揮して取材に行った唐木田チーム。

唐木田駅まで乗り過ごした男が突如200年前にタイムスリップしたことで、家族愛を振り返る、というSFファンタジーな作品でした。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619002251j:plain

唐木田の女神銅像はいつだって美しい。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619002352j:plain

恒例の唐木田あるある(青信号が短いで有名な唐木田の名物風景)。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619002505j:plain

 200年前の唐木田の家族団らん(おかずは梅干し一個というストイックな家族)。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619002621j:plain

現在に戻り、家族と食事の約束。

 

そしてそして、メンバーチェンジを経ての新生・多摩センターチーム。

インタビュー形式で物語は進み、登場人物が多摩センターにまつわる風景に擬態化して行き、最後、取材中にチームとはぐれて迷子になった男性が多摩センターを駆けずり回るというセミドキュメンタリーな作品。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619002848j:plain

多摩センターについてひとしきり語り、 

 

f:id:tamatamatama2017:20170619002925j:plain

多摩センターの 風景に溶け込んで行きました。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619003028j:plain

これは???

 

f:id:tamatamatama2017:20170619003056j:plain

 多摩センターの山羊だ!!!(どこにいるんだろう)

 

f:id:tamatamatama2017:20170619003154j:plain

真打ち登場!迷子になったーーーーー!!

 

f:id:tamatamatama2017:20170619003232j:plain

気が動転して山羊に聞き込み開始(これはおそらくウソ)。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619003404j:plain

大人なので、きちんと状況報告(これは本当)。

 

最後は即興チーム、否、団地見学チーム。

団地の話からかけ離れ、多摩ニュータウンに憧れ、某軍事開発都市から亡命してきた青年がサンリオピューロランドのヒロインに恋をするという話になりました(なぜ!?)。

 

青年、多摩ニュータウンへの憧れを短歌にしたためる。

f:id:tamatamatama2017:20170619004057j:plain

 

 青年、多摩ニュータウンへ亡命中!

f:id:tamatamatama2017:20170619004211j:plain

 

f:id:tamatamatama2017:20170619004316j:plain

 青年、亡命成功!

 

f:id:tamatamatama2017:20170619004409j:plain

亡命してきた青年に多摩ニュータウンの魅力を伝えるヒヨドリ軍団 。

 

f:id:tamatamatama2017:20170619004521j:plain

青年の就職先は憧れのサンリオピューロランド

 

青年、いよいよ運命の出会いが!!!

f:id:tamatamatama2017:20170619004649j:plain

人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった。

 

団地見学チームは、途中までの発表となりました。

さて今後はどうなるのでしょうか。。。

 

このワークショップで演劇をイチから作る、というのを経験し、創作というのは難しいですが、自分と相手の経験や見たこと、感じたことをすり合わせながら、新しい物語を作って行く面白味を感じています。

そのためには、先ずは相手をきちんと見て、相手の呼吸やしぐさに合わせることが大事なのかな、と、準備運動のゲームや仲間とお話しすることで痛感し、とても刺激的な時間をすごしています。

そして『たまたま』は、どのような新しい物語を作っていくのでしょうか。

私自身もとても楽しみにしております!

また、『たまたま』を通じて多摩ニュータウンと演劇の魅力を是非とも目撃していただきたいとも思います!

今後ともよろしくお願いいたします! 

 

《公演情報》 多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」

8月4日(金) 19時30分開演
8月5日(土) 14時開演/19時開演
8月6日(日) 14時開演 ※上演時間:2時間予定 パルテノン多摩 小ホール 

http://www.parthenon.or.jp/act/2996.html

 

twitterもやっております!

フォローしていただけましたら、とても嬉しいです!  

https://twitter.com/tamatama201708 

 

By 市民スタッフ・しおり

ワークショップ第二回目!

皆さん、こんにちは。初めまして。『たまたま』市民スタッフの「りょー」です。

6月4日に行われた、【多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」】第二回目のワークショップの様子をご紹介させていただきます!!

 ■演劇ゲームのイントロダクション

今回も最初は演劇のゲームを使って準備運動☆

皆で大きな円になって、「わたし、あなた」というゲームから始まりました。

「わたし」と言いながら歩き始めて、ほかの参加者の一人に「あなた」と呼びかけて、その人に向かっていきます。「あなた」の呼ばれた人は、また「わたし」と言いながら、別な「あなた」に向かっていくゲームです。次々と「わたし」と「あなた」がパスされていきます。

f:id:tamatamatama2017:20170605092810j:plain

しっかりと「あなた」と呼びかけないと、どっち!?私に向かってるの!?って迷いも生まれます。慣れてきたら、次は言葉や身振りを使わないでアイコンタクトだけで「わたし」と「あなた」をつないでいきます。単純そうにみえて、意外と奥が深いコミュニケーションゲームでした♪

次は3チームに分かれて対抗戦!!並べ替えゲームを行いました。

f:id:tamatamatama2017:20170605093535j:plain

まずは背の順に並んでみました。帽子は入るの?!入らないの?!靴脱ぐ!?脱がない!?早くも苦戦してます(笑)

f:id:tamatamatama2017:20170605094157j:plain

次は髪の長さの順に並びます。え!?どこで判断するの??襟足の長さ!?前髪の長さ!?いや、全体の雰囲気でしょ!!

f:id:tamatamatama2017:20170605094516j:plain

他は誕生日順、昨日の睡眠時間順、他のチームより早く正確に並びます。ダッシュダッシュ!!

f:id:tamatamatama2017:20170605094826j:plain

一番ポイントの高かったチームが優勝!!喜びの差(笑)ここで一旦ゲームは終了。休憩です☆

 

■多摩っこインタビュー

休憩の後は4チームに分かれて、インタビュー。チーム内の多摩ニュータウンにゆかりのあるメンバー「多摩っこ」にいろいろ質問します。今日は最後にこのインタビューを元に演劇を作るとのこと。え!?いきなり演劇!?どうなるの!?

f:id:tamatamatama2017:20170605095433j:plain

 f:id:tamatamatama2017:20170605095856j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170605100342j:plainそれぞれレコーダーまで使ってインタビュー!まさに取材ですね☆それを元に今日も街歩きへ行きます。今日は愛宕地区チーム、唐木田チーム、団地見学チーム、多摩センターチームに分かれました。

 

■街歩きde取材☆

f:id:tamatamatama2017:20170605100601j:plain

インタビューを終えて、いざ出発!!

 f:id:tamatamatama2017:20170605100722j:plain

これは愛宕地区の滑り台!?

f:id:tamatamatama2017:20170606115449j:plain

団地の中を見学させていただいた見学のチームもありました☆

f:id:tamatamatama2017:20170605102326j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170605102702j:plain今日は小田急やモノレールを使って移動する場面も!?

 

■演劇で表現!?発表!!

それぞれ取材を終えて、その成果発表を今日は模造紙ではなく、演劇表現で発表します!皆あわてて稽古。中には取材に時間がかかり稽古が10分もできなかったチームも…。でも、ほぼ即興でも発表します!!!(笑)

 

愛宕地区チーム

f:id:tamatamatama2017:20170605103354j:plain

先ほどの愛宕団地の滑り台はこうなりました☆

f:id:tamatamatama2017:20170605104005j:plain

 人を選ぶ水飲み場(笑)

f:id:tamatamatama2017:20170605104224j:plain

多摩モノレール!!!スピード感が抜群でした!!!

 

・団地見学チーム

f:id:tamatamatama2017:20170605104344j:plain

団地のピアノ教室、待ち時間にしびれを切らす生徒たち。

f:id:tamatamatama2017:20170605104640j:plain

からの、男たちの圧巻のステージ(笑)

f:id:tamatamatama2017:20170605103128j:plain

先ほどのはピューロランドのイケメンミュージカル!!観客側にも躍動感が!!

 

・多摩センターチームf:id:tamatamatama2017:20170605102935j:plain

多摩センターのデートの思い出。ベネッセのプラネタリウム

f:id:tamatamatama2017:20170605105018j:plain

多摩センターデートでピューロランドは行く?行かない?

f:id:tamatamatama2017:20170605105137j:plain

 デート中に両親と京王プラザホテル前でばったり(笑)

 

唐木田チーム

 f:id:tamatamatama2017:20170605105332j:plain

お客さぁ~ん!終点ですよぉ!!(唐木田あるある、その1)

f:id:tamatamatama2017:20170605105524j:plain

唐木田駅前の妙に美人な銅像。季節によって、ファッションが変わるそうです☆

f:id:tamatamatama2017:20170605105728j:plain

信号変わっちゃう!信号変わっちゃう!急いでっっ!!(唐木田あるある、その2)

それぞれ時間のない中でも、各チームがとっても個性的で素敵な作品になっていました。結構立派な演劇表現になっていてビックリ!!来週はこれをもっとブラッシュアップしていく予定です☆どんな作品にまた出会えるのか、今からとっても楽しみです!!

 

f:id:tamatamatama2017:20170606120019j:plain

最後に、ワークショップの終わりに有志のメンバーと演出の瀬戸山さんとパルテノン多摩5階のレストランでお食事☆テラス席でいただくビールは格別でした!!み、皆さん写真写りが良い!!うらやましい(笑)

by市民スタッフ「りょー」

 

《公演情報》 多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」

8月4日(金) 19時30分開演
8月5日(土) 14時開演/19時開演
8月6日(日) 14時開演 ※上演時間:2時間予定 パルテノン多摩 小ホール http://www.parthenon.or.jp/act/2996.html

 

 

『たまたま』第1回目ワークショップレポート

こんにちは!『たまたま』市民スタッフFです。
いよいよ始動しました、多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」】
みまさまと一緒に、『たまたま』が出来上がるまでの道のりを共有できたらうれしいです。
よろしくお願いします!

さっそく、5月28日にパルテノン多摩市民ギャラリーで行われた第1回目のワークショップの模様をお伝えしていきたいと思います。

 『たまたま』の脚本・演出を手がける瀬戸山美咲さんを中心に、参加者全員でまず大きな円に。

f:id:tamatamatama2017:20170531194743j:plain

今回、当初のワークショップの募集人数よりも多く上回る応募があったそうで、ワークショップ参加者、演者、スタッフ合わせて40人越えの大所帯となりました!

 

■自己紹介からスタート

まずは自己紹介から。瀬戸山さんから、「なんでもいいので、自分の名前を言いながら動きを付けてください」と告げられ、いきなり戸惑いを隠せません(笑)

瀬戸山さんが見本を見せて、それに続いて反時計回りで順番に自分で考えた動きを付けて自己紹介をしていきます。一人の人が自己紹介をすると、全員で同じ言動を真似します。

f:id:tamatamatama2017:20170531195253j:plain

ポンと片足を上げたり、くるくると回ったり、名前に合った動きを組み合わせたり……。

f:id:tamatamatama2017:20170531195341j:plain

バリエーション豊かな自己紹介をし合ううちに、心と体の緊張も少しづつほぐれていきます。
また、動きをつけることで不思議と名前も覚えやすくなる、という効果も!

 

■擬態ゲーム

続いて、ペアを組んで椅子になったり、3人組で野菜になったり、5人組になって動物になったりと、身体と頭を使っていろんなものに擬態して、何を表現しているのかクイズ形式で当てていきます。

f:id:tamatamatama2017:20170531195613j:plainペアになって椅子を表現。

 

f:id:tamatamatama2017:20170531195703j:plainこちらはブロッコリー?パセリ?

 

f:id:tamatamatama2017:20170531195808j:plainこちらのグループは「孔雀」を表現。
カラフルなスカートのお二人の効果もあって、孔雀の華やかさが伝わってきました!

 

f:id:tamatamatama2017:20170531200506j:plainこちらは「ナマケモノ」。体張ってます!

 

■新聞紙で地図作り

少し休憩を挟んで、今度は4つのチームに分けて新聞紙で多摩センター駅周辺を中心の地図作りにチャレンジです!

f:id:tamatamatama2017:20170531200615j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170531200647j:plainチームに分かれつつも、出来上がっていくうちにだんだん「全員で街を作っている」ような一体感が生まれます。

f:id:tamatamatama2017:20170531200909j:plain多摩センター駅周辺。
どれが何の建物かなんとなく伝わるでしょうか。
個人的に、多摩モノレールの“高さ”を出すのが難しかったです(笑)

f:id:tamatamatama2017:20170531201134j:plain堀之内へ続く道や

f:id:tamatamatama2017:20170531201216j:plain永山駅周辺のマンション群まで作りました!

 

■街歩きへGO

そして本日のメイン、「街歩き」です。
行先はこちらの4つ。

f:id:tamatamatama2017:20170531201341j:plain

それぞれのチームで行きたい場所の希望を言い(かぶったらジャンケン)、行先を決めて、いざ街へ繰り出します!

f:id:tamatamatama2017:20170531201534j:plain

制限時間は1時間。各チームに地図とカメラが1台手渡され、見てきた風景をスナップします。

 

【宝野公園】チーム

f:id:tamatamatama2017:20170531201454j:plainこの日はとても天気に恵まれ、汗ばむくらいの陽気でした。新緑が美しいです。

f:id:tamatamatama2017:20170531201802j:plain公園にある不思議なオブジェ。
「これ何だろうね?」「龍?ドラゴン?」

 

【鶴牧東公園】チーム

f:id:tamatamatama2017:20170531201916j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170531201946j:plain山のてっぺんに登ると多摩が一望でき、改めて自然と住宅街が融合された美しい街並みに気付かされます。
この日もちょうど撮影の準備をされている方たちに遭遇し、よくロケ地に使用されるのも頷けます。

 

【落合商店街】チーム

f:id:tamatamatama2017:20170531202040j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170531202223j:plainあ、買い食いしてる!(笑)

 

【豊ヶ丘南公園】チーム

f:id:tamatamatama2017:20170531202341j:plainこちらのチームは多摩に所縁がある人が少なく、迷いながらの街歩きだったとか。
お疲れさまです!

f:id:tamatamatama2017:20170531202440j:plain

 

■散策コースのマップ作り

小さな冒険を終え、全てのチームがパル多摩に戻ると、テーブルに大きな模造紙とペンが用意されていました。

f:id:tamatamatama2017:20170531202606j:plain

さきほど歩いてきたコースの地図を作りましょう、ということで、撮った写真をその場でパル多摩のスタッフさんが紙に印刷してきてくれました。

 

f:id:tamatamatama2017:20170531202415j:plain写真をチョキチョキ

f:id:tamatamatama2017:20170531202813j:plainまつぼっくり!

f:id:tamatamatama2017:20170531202926j:plain地図を見て位置を確認しながら作っていきます。

f:id:tamatamatama2017:20170531203316j:plain

完成!!

 

■発表と報告

最後に、出来上がった地図の発表&報告会です。

f:id:tamatamatama2017:20170531203423j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170531205207j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170531203450j:plain

f:id:tamatamatama2017:20170531205311j:plain

おもしろい住民の方との出会いや、知らなかった施設を見つけたり、
各チームそれぞれに発見があり、自分が行かなかったコースも今度行ってみたいな、と思いました。
駅から少し離れると、案外行ったことがない場所も多いもの。
私自身、「こんな場所があったんだ!」と“見知らぬ多摩”と出会うことができました。

街歩きを通して、参加者さん同士の距離もグッと縮まった気がします。
実際に多摩の街を歩いて体感したことが、今後どのように作品に反映されていくのか、今からとてもたのしみですね!

 

 

《公演情報》 多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」

8月4日(金) 19時30分開演
8月5日(土) 14時開演/19時開演
8月6日(日) 14時開演 ※上演時間:2時間予定 パルテノン多摩 小ホール http://www.parthenon.or.jp/act/2996.html

 

 

 

 

多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」ブログ開始です!

多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」】

2017年8月4日~6日、パルテノン多摩にて「多摩ニュータウン」を題材にした新作演劇を上演します。 脚本・演出を手がけるのは注目の劇作家・瀬戸山美咲氏。 5月からは市民と街歩きをして演劇をつくっていくワークショップも行います。 このページではその様子をレポートしていきます!

 

《公演情報》

多摩ニュータウン×演劇プロジェクト「たまたま」

8月4日(金) 19時30分開演 
8月5日(土) 14時開演/19時開演 
8月6日(日) 14時開演 
※上演時間:2時間予定 

パルテノン多摩 小ホール

 

作・演出 瀬戸山美咲

出演:浅井要美 浅倉洋介 石田迪子 大原研二 亀島一徳 小林あや  とみやまあゆみ 中田顕史郎 前原麻希 町田マリー まりあ 目次立樹 山中志歩 山森大輔 吉田能 ワタナベミノリ

 

アテナ 3,000円 <6/3(土)発売>
一 般 3,500円 <6/10(土)発売>
学生  1,000円
[全席指定] ※未就学児入場不可
※学生券購入の際は学生証をご提示ください。

【大人+小中高生 ペアチケット】各回限定30組
アテナペア(大人+小中高生)¥3,000
多摩市民ペア(大人+小中高生)¥3,500
※大人+小中高生2名1組のチケットです(2名分の料金です)。
※お2人目以降の小中高生券は、通常の学生券をお求めください。
※多摩市民ペア=多摩市在住・在学・在勤の方対象、公演当日証明書をご提示いただく場合がございます。

 

<チケット購入場所>

チケットパルテノン 042-376-8181(休館日をのぞく10:00~18:00)

チケットぴあ0570-02-9999(Pコード459-359) 
ローソンチケット 0570-000-777(Lコード33932) 

 

《市民ワークショップ》

【日程】5/28・6/4・6/11・6/25・7/2(全て日曜日・全5回)
【時間】13時~17時

【会場】パルテノン多摩 市民ギャラリー